独立自営におけるマーケティングの4Pを考える

技術者が独立するうえで当然考えないといけないのは、提供するサービス(あるいは製品)です。
技術者の業務とはいえ、立派なビジネスです。
そのため、マーケティングが必要になります。

伝統的な、マーケティングの4Pについて考えてみます。

マーケティングの4Pは、製品Product、価格Price、販促Promotion、流通Placeです。
これは、(諸説ありますが)売り手側のマーケティングミックス(MM)とも呼ばれます。
現在は、買い手のMM(4C)や、共生のMMなど、マーケティングミックスの技法は発展しています。

4Pに話を戻します。
独立技術者にとってのサービス提供について、4Pを考えてみます。
特に大切な、スタートアップにおいては、どのようなことが重要でしょうか。

製品Product: 技術課題の解決、技術相談、ツール、マニュアル、セミナー、著書、発信する情報
価格Price: 料金表、顧客とのすり合わせ、交渉
販促Promotion: 紹介、専門家派遣、ウェブサイト、SNS、講演・セミナー、メールマガジン
流通Place: 顧客の事業所、技術者の事務所、セミナー会場、インターネット

これは一例で、上記以外にもさまざまにあると思います。
4Pの観点で、考えられる項目を洗い出してみると、気づかなかった新しいアイデアが浮かんできます。

スタートアップに重要なことは、
やることを絞り込む、初期投資を抑える、効果的な営業ツールをつくる、顧客と接触する機会を増やすなどがあります。

自分が提供したいサービスの4Pに照らし合わせ、スタートアップの重点を考えることが有効です。

未分類

Posted by KEN.