独立技術者のマーケティングの4C(買い手の視点)

前回は、独立技術者における、マーケティングの4Pを考えました。
今回は、独立技術者のマーケティングの4Cについて考えてみます。

マーケティングの4Cとは

マーケティングの4Cは、
顧客価値(Consumer value
顧客コスト(Consumer value
対話(Communication
利便性(Convenience
です。
それぞれ、4Pの、製品、価格、販促、販路に対比されます。
4Pが売り手視点であるのに対して、4Cは、買い手視点のマーケティングミックスといわれます。

顧客価値」(Consumer value):顧客がどんな価値を得るか ⇔(4P)製品(Product)
顧客コスト(Consumer value):顧客が負担するコストやデメリットは何か⇔(4P)価格(Price)
対話(Communication):提供者とのやり取りによる情報入手 ⇔(4P)販促(Promotion)
利便性(Convenience):容易に受け取ることが可能か (4P)販路(Promotion)

それでは、独立技術者における4Cを考えてみます。

独立技術者の4C(買い手の視点)

顧客価値(Consumer value):社内で解決が難しい問題に対応、お金が儲かる
顧客コスト(Customer cost):無料相談の有無、コンサル費用、支払い条件、キャンペーン
対話(Communication):セミナーやお得情報(メルマガ)、セミナーや説明会、商談
利便性(Convenience):相談しやすい、対応が早い

4Cを元に、前回の4Pを再度眺めてみます。
製品Product: 技術課題の解決、技術相談、ツール、マニュアル、セミナー、著書、発信情報
価格Price: 料金表、顧客とのすり合わせ、交渉
販促Promotion: 紹介、専門家派遣、ウェブサイト、SNS、講演・セミナー、メールマガジン
流通Place: 顧客の事業所、技術者の事務所、セミナー会場、インターネット

気づくことは、
製品:顧客にとって「お金が儲かる」ものであることが望ましい
価格:無料相談などの「お得さ」を組み込みたい、支払い条件の明確化が必要
販促:ウェブも、講演やセミナーも、顧客と対話する機会を増やす工夫が必要
流通:短納期対応などの利用しやすさ、問合せのハードルを下げる工夫なども必要

このように、4Pを、より顧客が求めやすいものにしていくことができます。
独立技術者のサービスを考える際には、マーケティングミックスを活用しましょう。

補足:マーケティング・ミックスのまとめ

4P(売り手視点):Product、Price、Promotion、Place

提唱者:マッカーシー
発表年:1960年
コトラーの分類:マーケティング1.0

4C(買い手):Consumer(-Solution/-Value)、Customer cost、Communication、Convenience

提唱者:ローターボーン
発表年:1993年
コトラーの分類:マーケティング2.0

4C(共生):Commodity、Communication、Cost、Channel

提唱者:清水公一
発表年:1073年
コトラーの分類:マーケティング3.0

参考:Wikipedia「マーケティングミックス

未分類

Posted by KEN.